親の金銭援助がないと大学院一人暮らしの初期費用は準備出来ないのか?

スポンサーリンク

こんにちは

筑波大学大学院に合格して浮かれている

たにおーです。

私の家は少しばかり複雑なんですが、完結に述べると母親(パート)と子供3人(私が一番年上)という環境です。父親とは別居中です。そのため入学金免除や授業料免除が通らない可能性があります。

ということで、家にお金がないし母子家庭特有のメリットを享受することもできません。結構厳しいです……

今回の記事では、入学までにかかるお金と入学後奨学金が振り込まれるまでの生き延び方を書く予定です。

一番の難所!!数十万円の初期費用を入学までに準備せよ

まだ準備している最中ですので、書き出し漏れしていることもあると思います。

大学院生、大学生共通することですが一番しんどいのがこの初期費用の工面です。

入学して、奨学金さえ振り込まれだしたら後々の借金のことさえ考えなければお金は気にせずに生きていけます。国立であればですが。

また今回は私基準で考えているので結構貧乏根性丸出しでいきます。もう少しましな生活がしたい人は気合入れてバイトしてください。

私は初期費用として50万円だけ貯めることが出来ました。またお金がない分、手間をおしまず動いています。めんどくさいかも知れません。

受験費用 30,000円
研究室見学代30,000円
試験を受けに行くための移動費30,000円
入学金0円(後で詳しく)
教科書代
10,000円(後で詳しく)
引越し費0円(後で詳しく)
家初期費用120,000円(後で詳しく)
家電や家具初期費用80,000円(後で詳しく)
合計300,000円

めっちゃくちゃケチれば30万円ですみます。これで文明人のような生活が出来るかは不明ですが、とりあえず生きることが出来るという条件で。

今回は50万円まで使えるのでもう少しまともな新生活が送れそうです。

P.S賃貸契約のために現地に行くお金と最後の引越し費を入れ損ねていました。私の場合は二つあわせて5万円ほど掛かってしまいます。

入学金は後で払う

本来であれば入学までに入学金を払う必要が有りますが、奨学金が手元に無い状態で30万円もの大金を準備するのは死ぬほど大変です。

ということで、とりあえず入学金免除願いを提出することにします。

この書類を提出することで、入学金の支払いを後回しにすることができます。メールで確認したところ昨年度であれば7月に結果が出るみたいです。

この申請が通る確立は昨年度実績によれば25%らしいですが、目的は入学金の振込みを送らせて、奨学金によって現金を作ることです。

奨学金には「入学時特別増額」という制度があるみたいです。これを使うとまとまったお金で50万円ほど工面できます。これを使うには本人の収入が120万円を超えるとダメなんで気にしておきましょう。

別に教育ローンで賄ってもいいのですが、教育ローンは借りた次の月から返済義務が発生するので、ちょっとしんどい・・・ということで、今回はこんな方法を選択しました。

私の場合は、入学金免除がそのまま通る可能性が0って訳じゃないですしね。

教科書代

教科書は履修登録が終わって一回目の授業が終わったあたりから揃えだします。それまでに、研究室ないで先輩方とコミュニケーションをとりお古がもらえないか交渉します。

用意できなかった分はアマゾンやメルカリの中古で買い集めます。

すると1万円高く見積もっても1.5万円もあれば準備できます。

ただ、妹が通っている私立看護専門学校は教科書代が30万円で強制購入でした。学校が業者からバックを貰っているんでしょうが、このようなことは国立では考えにくいので上記の方法で何とかなるはずです。

引越し費用

私の場合引越し費用を馬鹿正直に払うと6万円から10万円ほどかかります。500kmを超える長旅は引越し費用も馬鹿になりません。

そしてこんなにお金を払うんであれば、引越し先で生活必需品を買うべきです。

ということで、今回は引越し費用0円で見積もりました。

小物だけであれば、ダンボールに詰めて郵送すれば良いですしね。これなら安く済む!!

家の初期費用

入学金の次に曲者なのがこいつです。

この費用を減らす方法はただ一つ、家賃が安い家に住むことです。

家賃の5倍が初期費用と一般的には言われていますが、最近は敷金礼金無しの物件などが結構な数あります。

敷金礼金が無ければ、前家賃や火災保険、仲介手数料などを考えて、家賃の3倍あれば十分です。

ということで、4万円までで家を探しましょう。

つくば市であれば4万円といわずに3万円でも家がありますが(一番安いところで家賃1.5万円)、他の地方の人のことも考えて4万円で計算します。築40年台の家なら4万円台はあるでしょう。

綺麗な家に住むのは社会人になってから!!!学生のうちは我慢しましょう。また家賃を削ればその分普段の生活も楽になります。

家電初期費用

最低限生きていくのに、冷蔵庫、ガスコンロ、洗濯機、掃除機、テーブル、椅子、があればどうにかなります。

エアコンと照明は元々付いている家を探します。家電全部が付いている部屋はすくないですが、エアコンと照明くらいであれば付いている部屋を探すのも難しくありません。

冷蔵庫(2万円)
ガスコンロ(1万円)
洗濯機(2万円)
掃除機(0.5万円)
テーブル(1万円)←勉強にもつかうからちょっと良いやつ
椅子(0.5万円)
安い布団セット(0.5万円)←ニトリ
カーテン(0.5万円)

全部新品で揃えた場合の相場がこんなものです。リサイクルショップでも回りながら集めればもっと安く揃えることも可能です。

出来るだけ早く電子レンジ、トースター、電気ケトル、カラーボックスなどを揃えたいですが、れらは上でも挙げた「入学時特別増額」をもちいて買うことにします

お金がないんだから最初の1ヶ月くらいは我慢しましょう。

入学金が入るまでの一人暮らし

これは簡単!!

全て翌月以降の支払いになるようにクレカだけで生活します。

最初の初期費用さえ工面できれば一人暮らしは大丈夫です。奨学金で賄うので将来に不安は残りますが、有名大学の理系!就職に強い学部となれば奨学金を返せるくらいの稼ぎは出来るはずです……

まとめ

色々な制度に助けてもらえば、30万円もカツカツですが初期費用を賄うことは出来ます。

わたしは受験場所が遠いので移動費などが多く掛かってしまいますが、近場に進学する場合はこれらも大分低く背通訳できます。

50万円有れば何かしら抜けていても何とかなるでしょう。私は50万円用意するのに1年ちょっと掛かりました。

バイトをして、卒研をして、テストを受けて、受験対策をして!!すべて平行でしていましたがそれでも50万円なら用意できました。

これくらいのお金であれば学生でも十分に用意できる範囲内です。

まあ、親にお金があって協力してもらえるならそれが一番ですが、自分の力だけでも結構何とかなります。

でわまた。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • たにおーさま
    筑波は夏暑く冬寒いので、体に気をつけてください。
    あと筑波の最低賃金は神戸より低いです。今のうちに貯めるか、研究室の先輩経由で条件の良いところを紹介してもらうか、とか。。。
    残り少ない高専and神戸の生活を楽しんでください。
    関西とくに神戸の外食文化はとてもハイレベルなので、関東に来たらなにこれーってなるかも。

    • おかかさま
      割の良い家庭教師のバイトとか斡旋して欲しいです。
      研究室の先輩と仲良くならないとですね!!!!!!
      一番は関西弁が抜けるかが心配です笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。