たにおーの自己紹介【随時加筆】

スポンサーリンク

こんにちは

たにおーのザツオタ日記の運営者;「たにおー」と申します。

22歳・男・学生というありふれたスペックです。主な特徴としては、筋肉が好きな高専生・・・以上!!ってだけで8割方自分の説明は終わっちゃいます。

ちゃんとした自己紹介をしたことが無かったので、ここらでちゃんと書こうと思います。大きな失敗は今のところ経験していないので、面白くないかも知れませんが


略歴

生まれたて

仮死!!!息してない!!記憶は無いが今のところ人生最大の山場!

小学生時代
・4年生終わり5年生の始めに少年野球チームに入る。1年半ほどベンチウォーマーにつとめ最後の半年はレフトやセンターでレギュラーを勝ち取る!!!

・ンb8勉強に自信があったのか6年生終わりに久保田学園の入塾テストを受けるも滑る。人生最初の挫折。

中学時代
・久保田学園の入塾テストに滑ったため、周りで通っている人が多いという理由から若松塾に通いだす。

・仲の良かった友達とソフトテニス部に入るが友達は退部する。なんやかんや運動は出来たので1番手2番手を行き来する程度の実力だった。区大会は勝ち抜けるが市大会は勝てないレベル。

・オタクになる。授業は聞かずラノベを読み、部活の大会先にもラノベを持っていき待ち時間中に読書をするクソ野郎と化す。先生の評判、授業態度は悪く理不尽な通知母を付けられる。中学にもシラバス欲しい。

・吃音を気にしだす。

・親が夜頻繁に言い争いをする怒声を聞きながら寝る日々が始まる

高専時代
・内申点が悪くても問題がない高専に進学する。予備校が必要ないからという親の意向とセンター試験を受けたくないという私の考えが合致した結果。

・従兄弟と親の圧力に屈して吹奏楽部に入部するも1年で退部する。

・吹奏楽部時代の友達と軽音楽部に入る(友達は兼部)。なんやかんや先輩のライブに呼ばれたり、先輩とバンドを組んだり、部長になったりと楽しめた。

・吃音をめっちゃ気にするようになるも、運に恵まれほぼ完治にいたる。

・4年生になると院に進学することを決める。だけど成績は20位半ばでGPAは2.6しかない。5年生で死に物狂いで成績を稼ぎGPA3.2を取る。

・このブログを始める。

・このブログのメインテーマであるカメラ趣味と筋トレ趣味を始める。

・専攻科に進学を決意するが、低学年時の成績が悪く推薦がもらえない。一般入試で入ることにする。賢い人たちは推薦で入学したり他大学に行くため、一般入試はレベルが低く1位で通過する。

・両親の不仲が酷くなりすぎて怒鳴りあいすら無くなる。中学生同士の無視みたいなのが始まる

専攻科時代
・成績を稼ぐために1年のときにアホほど単位を取ろうと奔走する。バイトをしていないのに、前期は毎日帰宅するのが22:00過ぎる生活をこなす。定時帰りでお給料が貰えるクラスメイトだった社会人が羨ましくなる。

・両親の不仲が絶頂に達し別居することになる。そのせいで1ヶ月まえに始めたジムのバイトをやめることになる。辞めたかったから良いきっかけでは合ったが。

・本科と違い専攻科は、肩身が狭くクラスメートも少ないため学校が楽しいと感じなくなる。社会人が楽しそうにしていることも追い討ちに。学校以外に輪を広げたかったことと院進学費用のためバイトを始める。

・試験を頑張った結果があって専攻科1年生のGPAは3.4越えを達する。本科4,5年と専攻科1年の平均GPAは3.1-3.2程度におさまり優秀といえなくもないラインを達成する。

・コロナが猛威を振るいだし専攻科2年はほぼ学校に行かない生活になる。

まとめ

今回は自分自身の略歴を書いてみました。

これ需要有るのか・・・少しでも書いている人に興味を持ってもらえればうれしいです。

でわ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。