hiitトレーニングはトレーニーの減量に最適だけどキツすぎる

スポンサーリンク

こんにちは

体重が減らなくなってきたので減量終了予定

たにおーです.

筋トレ好きの人用の減量時にする有酸素運動といえばhiitトレーニングが有名です。

週2回のhiitトレーニングを行えば、5日1時間の有酸素と同じ程度の効果があるらしいですが、しんどすぎです。

hiitトレーニングはしんどすぎる

hiitトレーニングは「たったの4分で週2!!!めっちゃ楽やん」と考えるのは安易すぎます。

いうなれば、「週5×60分の合計300分のトレーニング」を「週2×4分の合計8分」にトレーニング強度を圧縮するようなものです。

youtube上には「なんちゃってhiitトレーニング」をしている人がいますが、死ぬ気でやればこれほどキツイトレーニングはありません。最大酸素摂取量が170%はマジでやばい。

そりゃスクワットとか腕立てとかランジとかですれば楽だろうよ・・・でもそれで最大酸素摂取量170%には到達しないやろ。

全力ダッシュとか全力バイクとかしたら辛さが分かります。高重量スクワットのほうがまだ楽ですorz

ネットを調べると、hiitを毎日してもいいか悩んでいる人がいますが、よほど根性がある人以外これを毎日続けることは出来ません。

というか、これを毎日続けれる根性があれば、何でもすることができると思えるほどです。

hiitトレーニングをする際の心拍数の目安

最大摂取酸素量は計算しにくいというか出来ないので、心拍数を目安にするほうが楽です。

心拍数のモニタリングはapple watchなどで簡単に行えますしね。

hiitは最大心拍数の80-90%程度の強度で行う必要があります。

最大心拍数はこのサイトによると大雑把に計算する場合以下の計算でOkです。

220-年齢=最大心拍数

もし、22歳なら最大心拍数は198となり、80-90%というと「心拍数158-178」となります。

最大心拍数が90%って普通に考えてやばいです。もうこれ以上速く動けない!!って心臓が悲鳴をあげる一歩手前ですよ。毎日出来るわけがない。

hiitトレーニングをする際のおすすめトレーニング

個人的におすすめなのが全力ダッシュです。

公園がないとしても!!ジムがないとしても!!近くに直線の道路があれば実施できます。そして何も考えずに全力疾走するだけでOkです。

きつくて、きつくて嫌ですが一番お手軽で高強度に行えるトレーニングです。

もう一つおすすめするとしたらバイクでしょうが、たにおーはしたことが無いのですが。

バイクのいいところとして、ジムにいけば基本的にどこでも有ること。そして、apple watchなどを持っていなくても、バイク標準装備で図ることが出来る点です。

バイクのデメリットとすれば、hiit後にぶっ倒れるのが、ためらってしまうことです。

家の周りでダッシュしていたら、かえって直ぐに倒れれますが、ジムでhiitをすれば流石に倒れるわけには行きません。迷惑なんで笑

まとめ

今回は個人的にhiitトレーニングについて思うことを書きました。

個人的には、行いたくないトレーニングです。しんどいので・・・

少なくとも、たにおーの今している「ゆるーく減量」と同時に行うトレーニングじゃありません。

これをするのは、大会用に最後の一絞りで取り入れるようなトレーニングでしょう。明確な目標も無く続けれるようなヌルいトレーニングじゃなかったです。

ボチボチたにおーは減量を終える予定です。勿論hiitはやりません。そんなにモチベが無いので1週間しただけで疲れ果てちゃいました。

でわ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。