腹筋ローラーで立ちころが出来ない!!膝ころからのやり方

スポンサーリンク

こんにちわ

減量しているんですが、腹筋ローラーから逃げたことに後悔しています。

たにおーです。

今回の記事では、「膝ころから立ちころのステップアップ」について書いていきます。

 

アブローラー(腹筋ローラー)ってしたほうがいい?

絶対にしたほうがいいです。

アブローラーは、足トレで言うスクワット、胸トレでいうベンチプレス、背中でいう懸垂みたいなものです。

他の種目をやりこむことでカバーできなくもないですが、わざわざそんな捻くれたことする必要はありません。

ただ、自重トレーニングのさだめというか、負荷の調整が効きにくいです。

懸垂できない人に、「背中のトレは懸垂10回×3セットが良いデ」っていっても、できないのにそんなこと言われてもって感じになると思います。

多くの筋トレyoutuberも腹筋ローラから逃げるなといっています。(芳賀さん、薊さん、サイヤマンさんetc…)なんで、出来るように頑張りましょう。

膝コロを20回出来てからのステップアップ方法

やりかたは、この通りです。

個人的に、

  • 尻を高い位置でスタートさせたものの肩関節の力に頼ったり
  • しっかりと体を沈ませなかったり
  • 足幅を極端に広げたり

するよりも、腰に負担が掛からず腹筋に同程度以上の負荷が掛かっているように感じます。

この方法の立ちコロもどきのコツ

事前に腹筋に力を入れておく

腹筋に軽く腹圧をかけておく(収縮時に息を吐くとめっちゃ収縮するんですが、負荷がおかしなことになります。あと腰も心配)

広背筋を事前に固めておく

低い位置で滑るイメージ

 

この辺を押さえておけば、出来るはずです。

他の立ちコロへのステップアップ方法と比較

結構色々なステップアップ方法があると思います。

  • 足幅を広げる
  • 壁でストップさせる
  • ネガティブだけを耐える

このへんがよくある方法だと思います。

ですが、これらには個人的に欠点があると思います。

足幅を広げる場合、股関節が柔ら無くないとあまり足幅を広げれないです。あと普通に負荷が高い。

下二つは、音が煩い。限界になるたびに「ゴツッ   ゴツッ」ってなります。

立ちコロ入門!!膝コロからステップアップする目安

紹介した方法で連続5回以上できるようになったらって感じです。

膝コロで15回から20回程度できるようになったら挑戦してみたらいいと思います。

1回2回ギリギリの場合はトレーニングボリュームを確保するのが超大変ですので、素直に膝コロをしたほうがいいです。

時間が無限にあるなら、パワーターのように2回10セットとかしてもいいですが、半端じゃないくらい時間が掛かるのと怪我しやすいです。

今、たにおーはこの方法で8~5回3セットした後に膝コロ20発3セットって感じでしてます。

 

まとめ

今回は、立ちコロ入門方法みたいなことを紹介しました。

増量期から腹筋してたらよかったorz

って毎回思ってます。ですが、腕や胸、背中は増量期でもある程度発達が分かりやすいので、モチベが保てますが、腹筋は脂肪がのるとモチベが0になります。

こんどからは、腹筋がんばろーって思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。