youtube投稿できそうなジャンルを考える

スポンサーリンク

こんにちは

youtubeはレッドオーシャン

たにおーです

個人的には,動画投稿の100倍ブログ執筆のほうが楽で実りがあると思ってます.

ブログなら新規参入でも1年もチマチマ更新してたら,SEOに評価されて何記事かわ上位表示させれます.

んで,上位表示させれるとある程度は人に見てもらえます.

しかし動画は,一発やでは無くてチャンネル自身にファンをつける必要があります.

ということで

  • ブログ = 記事単位でアプローチできる
  • 動画 = チャンネル単位でアプローチできる

勿論,ブログでもサイト自体にファンをつけるように動いている人もいますが,雑記ブログの場合は記事単位がメジャーです.

動画を出すスタイル

動画を出すスタイルとしては,大きく分けて3種類あると考えています.

一つが,テキストのみで説明するタイプです.例をあげるとすると圧倒的不審者とか.

次に,機械音声で解説するひとです.これにはゆっくり音声とボイスロイドなどが含まれます.例をあげると,最強のメラさんなどです.

最後に,生声で解説するタイプです.これは,多くのyoutuberがしている形式です.例を上げる必要は無いと思います.

映像重視で文字をすこしだけいれる

このタイプの動画は職人技を持っている人がしているイメージです.

チャップリンの映画でもリスペクトしてるんかい.

こんなの出来る気がしないので,たにおーはパスです.

機械音声,ゆっくりボイスで動画を作る

これのメリットは,後付なんでとりあえず動画をとってれば何とかなるって点です.あとは,音を出さないので一人暮らしじゃなくて尚且つ一人部屋も無いたにおー見たいなのには,ぴったしです.

ただ,喋らせることばを全部入力するんで結構めんどくさいらしいです.

生声で解説するタイプ

喋る能力も高くなって尚且つ,ゆっくりボイスほどめんどくさくない.

とりあえず先に撮影だけしていたら,あとでナレーションを付け足すこともできる.

って結構いいことまみれな気がしますが,喋り声が煩い環境では出来ませんね.

たにオーが喋れそうな動画ジャンル

喋れそうなのは以下のやつらでしょうか.

  • ジャンク品関連
  • 高校までの理数系
  • 学校で研究していること
  • 筋トレ,健康
  • カメラ

この辺が限界です.

ただ,どれも競合がひしめき合ってるんでどないしよwwwって感じです.

学校で研究していることは,一応製品化されてる技術なんでちょっとは話せますが,直ぐにネタが尽きちゃいそうです.

まとめ

たにおーが動画を作るなら

機械音声でジャンルは上に挙げた奴から適当に決めてやっていこうと思います.(あくまで予定)

では

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。