ホームジムを作るときの注意【コロナウイルス前に買っててよかった】

筋トレ

こんにちは

ただの自慢話

たにおーです。

今回は、コロナウイルスの前に筋トレ道具を一式揃えていたことを自慢させてください。

ついでに、家トレのメリットでも喋っていきます。

コロナ前 かっててよかった ホームジム

最近youtuberでパワーラック(ハーフラック)を置く人が結構いますが、たにおーは実家暮らしなんで、そんなにでかいのは、置けません。

ということで、たにおーの家トレ設備は以下のやつらです。

  • アジャスタブルダンベル41kg
  • 懸垂台
  • インクラインベンチ
  • アブローラー

主な器具はこれだけです。

以前こんな感じの「5万円でつくるホームジム」を書いたのですが、それプラスアジャスタブルダンベルって感じです。

[kanren postid=’2297′]

もともと持っていた、ダンベルとEZバーは友人にプレゼントしました。

アジャスタブルダンベルは家トレに最高

個人的にアジャスタブルダンベルは人生で勝手よかったものTOP3に入るほど気にいっています。

家トレのめんどくさいところとして、重量変更に時間がかかるっていう点があるんですが、アジャスタブルダンベルを購入するとすべて解決されます。

あと、最高重量が41kgっていうのも良い感じです。

ダンベルプレス10発出来る重量の3倍がベンチプレスmaxというのを信じると、なんとベンチ120kgレベルまでは十分に鍛えれます。

ほかにも、フライプレスのような動作を取り入れれば、40kgダンベルでカッコいい感じの胸をつくれそうなんで、こいつは本当におすすめです。

[kanren postid=’2582′]

ケチってフラットベンチにするな。絶対にインクラインを買うべし!!

たにおーは一回フラットベンチを購入してから、インクラインベンチを購入しなおしました。

最初、フラットベンチを購入した理由は、ただたんにスペースが無かったからでした。

ですが、多少無理してでもインクラインベンチを買うべきです。

たにおーはそのせいで、フラットベンチ代を損しました

インクラインベンチがあると、肩の種目も腕の種目も胸の種目も・・・色々な種目で出来ることが増えます。

家トレはマシンがないため、どうしてもマンネリ化しやすいですが、それを少しでも改善してくれるのがインクラインベンチです。

5000円程度の差なので、飲み会を一回我慢するとか、派遣バイトに一回行くとか、どうにかしてインクラインベンチを買って欲しいです。

家で背中を鍛えるなら必須。懸垂台

ラットプルやデッドリフト、ケーブルマシン関連が出来ない以上、背中を鍛えるなら懸垂台は必須です。

たにおーもまだまだ鍛えてる最中ですが、なんやかんや、逆三角形っぽくなってきた気がします。

今は減量中なんで、脂肪を落としたら、もう少し逆三角形が強調されるかと思うと楽しみです。

たにおーも最初は反動なしでは、一回も出来ませんでした

しかし、バンドアシストから始めて、今では22kg荷重して(体重込み100kg)でも1発あがるようになりました!!

まとめ。最小構成のホームジム

たにおーの考える最小構成のホームジムは、ダンベルと懸垂台とインクラインベンチだと考えています。

パワーラックをもっているコアラ子嵐さんも、最小構成のホームジムとして上の構成を紹介していました。

この構成なら、後々ジム通いを始めても邪魔にならないし、めっちゃおすすめです。

これが無かったら、1ヶ月半ほど筋トレが出来なかったのかって思うとマジで買っててよかった。

以上 ホームジムを作るときの注意【コロナウイルス前に買っててよかった】 でした。

タイトルとURLをコピーしました