二つのマウントを持つのは厳しいので、EF→MFマウントアダプタが欲しい

スポンサーリンク

こんにちは

流石にマウント二種類維持するのはしんどい

たにおーです

ちょっと前に5dmark2を購入したのですが、以前から持っていたPanasonic G7とマウントが違うため、レンズを揃えれません。

いまさら中古で5dmark2を購入!!レビューその1【作例あり】

2019年12月26日

【超広角のおすすめ構図】廃市場を5dmark2とsamyang 14mm f2.8で撮影してきた。【レビュー】

2020年2月7日

もともと、少ない予算しかないのに、二種類もマウントを持っていれば破産してまいます。

なんで、マウントを一つにするか、EFマウントのレンズを購入して、マウントアダプタで3/4マウントで使用するか最近迷っています。

今回の記事ではEF→MFマウントに変換するものを探します。

【安い】コスパ優先の大三元レンズシステムを考えてみる【フルサイズ】

2020年2月22日

マイクロフォーサーズに使えるマウントアダプタの種類

マウントアダプタには大きく分けて3種類有ります。

  • MFじゃないと使えないアダプタ
  • AFが使えるアダプタ
  • AFが使えて明るさが一段分明るくなり画角が0.71倍される最強のアダプタ

値段は勿論、したに行けば行くほど高くなっていきます。

目安としては3000円、2万円、2.6万円って感じです。

まぁ。メーカーによって色々有りますが。

3/4用マウントアダプタ

これがマウントアダプタの種類の中では一番安いです。

ただ、たにおーがマイクロフォーサーズを使っている理由である動画が撮影できるというメリットを吹き飛ばしてしまうので、個人的には無しです。

個人的には、MF用のマウントアダプタはオールドレンズなどを遊ぶようだと考えています。

AFが使えるマイクロフォーサーズアダプタ

評判の良いAFが使えるアダプタはボチボチねだんが張ります。

今回はcommliteを例に挙げていますが、2万円もします。

いや、たけぇよ。

しかも、たにおーはEF-SレンズではなくEFレンズのため、マイクロフォーサーズで使用すると焦点距離が長すぎます。

24-70mmF2.8のレンズだとしたら、48-140mmF2.8のポートレート専用レンズみたいになってしまいます。

17-35mmの広角ズームだとしても34-70mmのたった2倍ズームで35mmはじまりという残念ぶりです。

これは、値段とつり合ってない。EF-Sメインのレンズ資産であれば十分に有りだと思います。

レデューサーレンズ付きアダプタ

EFレンズを使いまわすにはこれ以外考えられません。

ただ、いかんせん高いのが難点。

お値段なんと2.6万円もします。↓こいつです。

しかも0.71倍されるため、50mmのレンズを35mm換算70mmで使用できます。

この焦点距離なら結構使いやすいです。EFレンズをAPS-C機で使うような感覚で使えます。

しかも、明るさが1段明るくなるのは大きいです。

17-35mm F2.8-4のレンズを、このアダプタを使用すると24-50mm F2-2.8というめっちゃ強い標準ズームになります。

高くて買えませんが、もしSIGMA24-35mmF2のレンズを使ったとしたら、34-50F1.4とかいうわけの分からないレンズが完成します。

そして一番おすすめな組み合わせが下のやつ!!

安いレンズですが、70-300mmF4-5.6のキットレンズみたいなのが、このアダプタを使うと100-420mmF2.8-4とかいう変態レンズになります。

このブログを書いているときに思いついたのですが、この組み合わせやばいな。欲しくなってきた。

まとめ

こんかいは、マウントアダプタを少し調べました。

EFマウントを3/4マウントで使うなら、レデューサーレンズじゃないと厳しいですね。

しかし、レデューサーレンズを使うとただのキットレンズみたいな望遠がF2.8-4で400mmまでカバーする最強コスパ望遠レンズになるのは驚きました。

以上 二つのマウントを持つのは厳しいので、EF→3/4マウントアダプタが欲しい でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。