学校に行くのに1時間以上かかる高専専攻科生の話

スポンサーリンク

こんにちは

書くことが思いつかないので、少し自分の話でも書こうと思います

たにおーです

たにおーは学校に6年いっているのですが、通学が乗り換え徒歩込みで1時間以上掛かります。

後1年の辛抱ですが、少しそのことについて書きます。

乗換えと徒歩が思いのほか掛かる

電車に乗っている時間は実際のところ、50-60分程度です。

しかし、家から駅まで10分、駅から学校まで15分かかります。

そして、2種類の電車に乗るのですが、片方が10分もう片方が15分に一本しかこないため、乗換えで無駄に時間が掛かります。

結果、1時間以上の時間が学校に行くのに掛かります。

電車の中での勉強は思いのほかやりにくい

よく、移動時間は勉強に当てたらいいという意見を見ますが、満員電車のなかでガッツリ書かないと出来ないタイプの勉強は出来ません。

どうしても課題をしないといけない時はしますが、それ以外ではあまりしたく有りません。

当たり前ですが、机に広げて勉強したほうが10倍くらい効率的です。

電車のなかでの時間の使い方

寝る

以上です。

嘘。本当は英語の勉強と睡眠のどちらかです。

英語は、そこまで参考書を広げなくても良いので電車の中でもまだ、勉強がしやすいです。

一番もったいないのがスマホでネットサーフィンをしていたら到着したってことだと考えているので、そうならないようにだけは気をつけています。

家が遠くてしんどいこと

いくつか有りますが、特にしんどいのは次の2つです。

①朝早く起きないといけないこと
②学校に遅くまで残ると家に帰るのがめっちゃ遅くなること
③「ちょっと研究しに行くかー」ができないこと

たにおーの友達の中で学校に一番近いやつと比較すると、1時間近くたにおーは早起きしています。

朝がとてつもなく弱いたにおーからすると、死ぬほどうらやましい!!

あと、22時まで学校に残って研究したりすると家に着くのが23時を越えます。で、風呂は入って飯食べて、ちょっと休憩すると1時になります。

これで次の日早起きしなあかんとか、流石にしんどい。

毎日22時までいることは有りませんが、1年の1/10くらいは22時くらいまで研究しています。

また、往復で考えると2.5-3時間近く掛かると考えると、「今日は休みやしちょっと研究しに行くかー」って気がるにいける距離じゃないのも結構きついです。

大学にいったら絶対に学校の近くに住む

大学院では研究とバイトが中心の生活になると思います。

そんな状況で、片道1時間以上もかけて学校にいっていれば、鬱になってもおかしく有りません笑

今は、研究の追い込み時期だけ倒れそうなほどしんどいですが、これが730日(二年間)続いたら確実に病院送りです。

電車に乗らずに自転車で15分とかの位置に住みたい!!

取り留めのない日記のような記事になってしまいましたが、以上です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。