【超広角のおすすめ構図】廃市場を5dmark2とsamyang 14mm f2.8で撮影してきた。【レビュー】

スポンサーリンク

こんにちは

長かったテストからようやく開放されました。

たにおーです。

いまさら中古で5dmark2を購入!!レビューその1【作例あり】

2019年12月26日

前回、50mm f1.8での撮影はしてきたので、今回はsamyang14mm f2.8で撮影してきました。

コスパ最強!!3万円で星を取るためのレンズ

そもそもsamyangの14mm f2.8を知らない人もいると思うので、少し説明します。

samyang14mm f2.8はマニュアルフォーカスながら、フルサイズ対応でf2.8の超広角レンズです。

開放では、少々甘いですが絞れば結構綺麗に写りますが、魚眼風な感じでひずみが少し多めに出ます。

新品でも3.5万円で、中古をあさるともっと安いものも有ります。

フルサイズで超広角を購入するのであれば、第一候補になるようなレンズです。

名倉市場について

名倉市場は兵庫県神戸市長田町にある、市場として機能していない市場です。

駅から15分以上歩いてようやく着く場所にある市場で住宅街の中にあります。

一年前までは、一店舗だけ開いていたようですが、昨日行ったときは全ての店がシャッターを下ろしていました。

ちょうど、そこに住んでいるおばあちゃんと話す機会があったのですが、「私が移り住んできたときは、通路いっぱいに人がいて楽しかったのにねー」と話されていました。

今年の半ばには、吊っている扇風機や電灯、虫取り機を廃棄するらしくレトロな雰囲気が消えてしまいそうです。

「サンプル写真」サムヤン14mm f2.8

魚眼 白黒 魚眼 画像 _MG_7417 _MG_7393 _MG_7391 _MG_7383

超広角レンズは、狭いところを広く切り取る

超広角レンズは広い風景を広く切り取るとどうしても、何がメイン被写体で何がサブ被写体なのか分かりにくいです。

あと、広い風景を取るときは、フットワークで調整できることのほうが多いですし。

今回みたいな、めっちゃ狭い場所で超広角を使えば、物理的に下がれないため超広角のよさが発揮されます。

寄って撮影すればインパクトのある写真が撮れます。

さらに、超広角はパースが強調されるので、長い被写体を撮影するといい感じになります。

超広角で撮影するときの構図ネタ帳

撮影するときのコツとして、youtuberのゆ~とびさんがいっていたことですが、この場所で何枚とると決めてから維持でもその枚数を取るように構図を考えるといいみたいです。

今回は全体に3枚は撮ると考えて撮影しました。

寄ってインパクトを出す。

少しサブが弱い気がしますが、左が暗くて右が明るいので、これだけでも十分メリハリが聞いていい感じになっている気がします。

よることで、迫力を出しつつ、14mm f2.8でも後ろを軽くぼかすことが出来ます。

iso5000ですが、ノイズも多いですが、レトロ感があるためそれはそれでOkです。

片方によって撮影する。

この写真はメインとして非常看板を置いています。

右によって写真を撮るため、右側はシャッターが画面全体に写ります。

しかし、左側が少し空きが出来るので、左側にメインをもってきます。

たまたま蛍光灯と左のシャッターの色が同じで、右のシャッターが違う色だったのでいい感じにメリハリが付いた写真になりました。

完璧に左右対称で撮影する

さっきまでの構図とは異なり、アイレベルを下げて撮影しました。

天井が高かったため構図に収めたかったからです。

撮影中は、ゆうパックをメインとして撮影したつもりでしたが、あまり目立っていないです。

天井が明るいためそちらに視線が誘導されてしまいます。

現像でゆうパックの旗だけ思いっきり持ち上げれば少しはマシになりそうです。

3分割と日の丸の併せ構図

超広角だからこそ出来る構図です。

上を向いたらいい感じの扇風機と、古びた垂れ幕があったので、それを被写体に決定しました。

日の丸だけでは味気ないの天井の継ぎ目と横に走っている鉄骨で3分割構図も採用してみました。

サブの垂れ幕がないと、つまらない写真になりそうです。

イナバウワーのような姿勢で取ったため構図に少し無理があります。もう少し下から取るべきでした。

扇風機の下にある鉄骨で3分割するつもりが少しずれてしまっています。

寝転んでしっかりと構図を決めればよかった。

まとめ

今回は、samuyang14mm f2.8で撮影してきました。

今回は構図を少し考えながら撮影しました。

上2枚は気に入った構図ですが、下2枚はすこし構図が甘いです。

超広角での撮影は結構楽しいので、せっかくのフルサイズカメラで広く撮っていきたいです。

以上、【超広角のおすすめ構図】廃市場を5dmark2とsamyang 14mm f2.8で撮影してきた。【レビュー】 でした

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。