自宅で筋トレ!5万円で作れるおすすめホームジムや器具について!!

スポンサーリンク

どうも

分け合って3人で5畳しかなかった部屋から、2人で「6畳+板間の部屋」になりました

たにオーです。

今回は、部屋が広くなったことで、色々と筋トレ器具を導入しました。そこで、安くホームジムを作ろうとしている人の参考になればと、記事を書きます。

ブログ主の体

このブログを書いている人は、こんな感じの体です。

一応ベンチプレスも100kg挙げることは出来ます。


5万円で買うならこれだ!!必要な器具

  • ダンベル
  • EZバー
  • インクラインベンチ
  • 懸垂台
  • マット
  • 腹筋ローラー

ココから下は必須ではないが、出来れば欲しい

  • チンニングベルト
  • パワーグリップ
  • スプリングカラー

ダンベルは「80kg」 or 「60kg」 or 「40kg」 どれにする?

本音を言うと80kgのアジャスタブルダンベルが欲しいです。

ただ、いかんせん高い!!!

今回は予算が5万円までのため見送りました。

アジャスタブルダンベルは安くても、4万円はします。欲しいのですが、流石に高いです…

そのため、今回は60kgのダンベルを使用します。

プレス系種目をメインにするのであれば、最低でも60kgは欲しいと最近は考えます。

ただ、安く済ませるのであれば、40kgもありです。その場合は、フライ系種目をメインに組む必要があります。

EZバーは腕と肩を鍛えるのに便利!!

EZバーがあると、このように高重量で腕や肩を鍛えることが出来ます!!

アジャスタブルダンベルであれば、重りは使いまわせません。

しかし、今回購入する、プレートタイプであれば、重りは共通です!!

EZバーは安く購入することが出来る割にとても便利です。

高くてもインクラインベンチを購入しよう!!

たにオーは、インクラインベンチを購入しずにフラットベンチを購入してしまったため、5000円ほど損をしてしまいました。

そこで、買い換えたインクラインベンチがこちらです。

フラットベンチを昔購入した理由が、「家が狭く、自分の部屋が無かったため」です。

そのため、折りたたみでコンパクトなフラットベンチを購入しました。

しかし、多少無理してでもインクライン便利を購入するべきです。

インクラインベンチが有ると、無いとでは、出来る種目が3倍近く異なります。

たにオーが最近しているトレーニングは半分以上がインクラインベンチが無ければ出来ないトレーニングです。

購入したのは、フラットベンチの質感が良かったので、リーディングエッジのインクラインベンチです。

家で背中を鍛えるにはチンニングスタンドが必須

背中を鍛えるにはチンニングは必須です。

始めは、背中を鍛える感覚が掴みにくいですが、ダンベルやバーベルだけで背中を鍛えることは出来ません。

家にラットマシンがあるなら別ですが…

価格は1万円も出せば十分なものが購入できるので是非購入してください。

ただ、組み立てが結構面倒です。

床の保護のためにマットが必要

マットは二種類購入します。一つは、チンニングスタンドの下に敷いているやつです。

それと、もうひとつは、ダンベルのプレートを保管するマットです。

こっちのマットは100均で購入できます。

腹筋ローラー

腹筋のビッグスリーといえるほど、腹筋を鍛えるには大事です。

勿論、ダイエットするだけで腹筋は割れます。

しかし、筋肥大している腹筋のほうが、溝が深くなりかっこいいです。

安いものなら、100均で300円コーナーに売っているので是非買ってください。

余裕があれば欲しい小物

パワーグリップとスプリングカラー、チンニングベルトです。

パワーグリップは、ローイング系の種目や懸垂のときに使用します。

これが無ければ、背中を追い込む前に、前腕に限界が来ます。

スプリングカラーはダンベルの重さをスムーズに買えるために使用します。

ダンベルトレーニングで一番面倒なのが、重さの変更です。

それを、少しでも楽にしたいのであれば、スプリングカラーは必須です。

チンニングベルトは、ただの懸垂では負荷が足りなくなったころに必要になります。

最初に揃える必要はありませんが、「体重が軽い人」や「柔道や体操などで元々背中の力が強い人」などは、自重では満足できなくなります。

余裕があるのであれば、先に買っておきましょう。

【まとめ】ホームジムの予算や感想!!

ダンベル 60kg1.8万円
EZバー0.5万円
インクラインベンチ1万円
チンニングスタンド1.1万円
マット 2種類0.2万円
小物(出来れば欲しいもの)
0.5万円

合計 5.1万円です。

全体的に少し切り上げて計算したので、少しだけオーバーしてしまいました。

今回、紹介したチンニングスタンドとインクラインベンチは大きさが絶妙で、足の隙間に収納できるので、この組み合わせはおすすめです。

以上 自宅で筋トレ!5万円で作れるおすすめホームジムや器具について!! でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。