遂にベンチプレスで100kg上げれた!!体の見た目やメニュー、体重を公開

スポンサーリンク

こんにちは

遂に初心者時代の目標だった重量を達成した

たにオーです

今回は、初心者のころからの夢だったベンチ100kgを達成したので報告と記念を兼ねて記事にします。

ベンチプレス100kgを達成するのに掛かった期間

筋トレを始めてから(月2くらいのトレーニング頻度)という意味であれば、2年半

まじめに(週に4回以上の頻度でトレーニング)筋トレを始めてからは3ヶ月で達成できました。

初めてバーベルを握ったときにあがった重量

初めてバーベルを握ったのは、高三の夏でした。

そのときは、40kgで5回上げるのが限界でした。

半年以上前のベンチプレスの重量

H30 7/10(100kg挙げる8ヶ月と2週間前)では、50kgで8回×3のセットを組んでいました。

このころは、月2回学校のジムで遊ぶ程度のトレーニングでした。

しかも、胸に着けていないし、尻は上げるし今思えばひどいフォームでした。

ジムに行きだしたころのベンチプレスの重量

ジムには3ヶ月まえから行きだしました。

そのころは、60kgで8回×3すらこなせていませんでした。

ただ、普段はダンベルでベンチプレスを行っていました。ダンベルベンチなら27.5kgで8×3はこなせてました。

上で、60kgすらこなせないといいましたが、少しでも60kgが扱えたのは、家でダンベルプレスをしていたからです。

たにオーが使っているダンベルは、このようなものです。

ファイティングロードというこの商品より更に安いものですが、irotecにしてたら良かった・・・

 

一般的にダンベルベンチの3倍がベンチで1回持ち上げれると言われています。そのため、27.5kgダンベルベンチで挙がるならベンチプレスで75kgが一発挙がる計算です。

たにオーはベンチが60kgを8回だったので、max換算は71kgです。少し高めに出ているものの参考程度にはなります。

ベンチプレスで100kg達成したときの動画

遂に今日ベンチプレス100kg到達できました。

実は、すでに止めなしなら、あげれていたのですが、動画が取れていなかったので、無かったことに。

ラックアップが少しグダッてしまいましたが、止めありで成功できました。

高重量のベンチプレスをするなら、リストラップを巻きましょう。

たにオーは70kg程度からリストラップを使っています。

たにオーの使っているリストラップはこれです。予算に余裕があるなら、下のほうがおすすめです。

調子乗って、110kgに挑戦

しましたが、全くあげれませんでした。

 ベンチプレス100kg到達したときのベンチのセットメニュー

特段変わったことはしていませんでした。

  • ベンチプレス80kg 8回*3(止めあり)
  • インクラインスミス60kg 8回*4

胸のメニューはこれだけです。

尻上げベンチを矯正するために、一時期は60kgなどで練習していました。

ベンチ100kg達成したときの体の見た目について

ベンチ100kgをあげる3日くらい前の体です。このときで、72kg+-0.2くらいです。

三角筋前部と大胸筋下部はそこそこ、マシです。

しかし

大胸筋上部がしょぼすぎます。

今後当分は、リバースグリップベンチプレスを中心にメニューを組もうと思います。

ベンチプレス100kgを達成するにはダンベルプレスも有効

やはり、ベンチプレスを強くするのは、ベンチプレスをするべきです。

しかし、3日に1回のペースでジムにいける人は限られていると思います。

そこで、ダンベルプレスの出番です。

一般的にダンベルベンチの片手の重量×3がベンチ1発といわれていますが、個人的には×2.6程度が正しいと感じます。

それは、ジムに行きだしたころのベンチプレスの重量とダンベルプレスの重量を比較すれば分かります。

40kg(80kgセット)のダンベルがあればベンチをしなくても100kg挙がるかも

2.6倍した値がベンチのmaxになるとすれば片手40kgのダンベルが必要になります。

折角重いダンベルを購入するのであれば、しっかりしたトレーニング用具を作っているメーカーで、尚且つワンタッチで重量を変更できるダンベルがおすすめです

しかも、ワンタッチで重量が買えれるダンベルは重りが散らばらず、省スペースで用具を管理できます

今は、令和キャンペーンで1万円引きで購入できるため、非常にお得です。アマゾンで中国の偽者を買うよりは絶対にお得です。

「追記」最近はジムに行かずに鍛えています。

そもそも、ベンチプレス100kgできる人が、家で十分に鍛えれるのか?と思うかもしれません。

結論を言えば60kgのダンベルセットなどでも、十分に鍛えることが出来ます。

もちろん、パワーラックとオリンピックシャフト、ラットプルくらいは欲しいですが、無くても十分に鍛えれています。

5万円でたにオーが簡易なホームジムを作ったので、よければこちらの記事もどうぞ。

自宅で筋トレ!5万円で作れるおすすめホームジムや器具について!!

まとめ

筋トレをはじめて最初は、40kgでセットを組んでいたのが、80kgでセットを組んで100kgで一発あがるようになりました。

初期と比べると2倍もの出力です。

また、まじめに筋トレを始めてからの重量の伸びが目覚しかったです。

  • 1年チョイで10kgしか伸びなかったのが
  • 3ヶ月で20kg以上伸びました

何事もある程度、本腰を入れて取り組むとダラダラ続けることの10倍くらい価値が違うことがわかりました。

以上 遂にベンチプレスで100kg上げれた!!体の見た目やメニュー、体重を公開 でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。