「画像20枚超え」ライブハウスを2万円のカメラで撮影してきた。【stylus 1】

スポンサーリンク

こんにちは,バイトしてないのに年末年始で3万円使って金欠。

たにオーです。

前回、OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS 1という5年以上前のカメラのレビューを行いました。

詳しくはこちらをご覧ください。

 


OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS 1 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1 BLK
 

stylus 1は2万円で買えるよ

このカメラは、F2.8通しの癖に2万円程度で購入することが出来ます。

F2.8通しとは、レンズが明るくて暗い場面でも、撮る事が出来ます。

ライブハウスを撮影する時用のカメラとしては、めちゃくちゃ安いですよ。

家電量販店で新品のコンパクトデジタルカメラに3万も4万も払うなら、アマゾンでいいので、STYLUS 1を買うべきです。

 

撮影時の簡単な設定などもこの記事の中でお伝えします。

だらだら書かずに、今回取った写真を見てもらいましょう

文章でダラダラ書いていても仕方が無いので、早速今回撮影してきた写真を貼っていきます。

rawで撮影して難しい編集をしたものではありません。

jpeg撮ったものです。編集はリサイズと顔のモザイクだけです。rawで露出を追い込めばもっと綺麗に仕上がります。

どうですか?折角ですし、スマホの写真も掲載します。

 

スマホとコンデジは差がなくなってきた。訳が無い!!!!

 

スマホはコンデジを追い抜いたという方がいますが、それはあくまでも。

野外で日光のひかりがしっかりとあり、動いていないものを撮影する。

という限られた状況下だけです。

 

撮影時の設定と気にすること

撮影は、シャッター速度優先のモードで撮影します。すると勝手に絞りは開放になる。

シャッター速度は1/60

isoは3200を上限にします。ライブなので、ノイズが載ってしまっても。それは、それで味になります。

ノイズリダクションはOFF。ノイズが載りますが塗りえみたいになるのでOFF

!!

露出は-1で撮影後に調整。今回の画像は、撮影後の調整なしですが・・・

とりあえず、この設定で現場によって臨機応変に対応していきます。

 

ここに書いていることがわからない人は以下のワードで少しだけ、勉強してださい。

「自分のもってるカメラの名前 シャッタースピード優先」

「自分のもってるカメラの名前 シャッター速度変更」

「自分のもってるカメラの名前 iso設定方法」

「自分のもってるカメラの名前 露出設定方法」

「自分のもってるカメラの名前 ノイズリダクション OFF」

 

以上 「画像大量」ライブハウスを2万円のカメラで撮影してきた。【stylus 1】 でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。