スマホ、ミラーレス、一眼レフを徹底比較!!あなたにオススメはどれ

PENTAX k-5のセット画像

スポンサーリンク

目次

比較に使う機種

筆者の持っていた、または持っている機種での比較になりますがご了承ください。

スマホ代表;iPhone6

ミラーレス代表;Panasonic GF1 with 20mm/F1.7 ASPH. H-H020
買った値段は17,000円送料抜きでした。ヤフオクにて購入しました。

Amazonでは中古でボディ5,000円 レンズ20,000円くらいです。

合計 25,000円(8000円お得に買えた)

GF1 正面画像
GF1 上からの画像

 

一眼レフ代表;PENTAX K-5 with  DA18-55mmF3.5-5.6AL WR
買った値段は教則本二冊、バッテリーグリップ、バッテリー2個、シャッター回数7500以下で30,000円送料込みでした。

Amazonではボディ24,000円 レンズ9,000円 バッテリーグリップ8,000円 純正バッテリー4,000円

合計45,000円(15,000円お得に買えた)

PENTAX k-5のセット画像

それぞれの特徴

スマホ

メリット

  • 常に持ち歩いており、シャッターチャンスを逃さない
  • 圧倒的コンパクトさで持ち運びにおいて最強
  • そこまで画質に興味がない人にとっては、十分な画を吐きだす
  • もともと持っている人が多くコスパ最強
  • インスタグラムやツイッターなど撮った瞬間アップロードできる
  • デジタルフィルターが簡単に使える。
    個人的に標準ソフトのカメラで設定クロームが好き。
    クロームはランチの撮影などには使わないように、サンプルみたいに見えておいしそうじゃなくなる。
  • ある程度寄って撮影ができる

デメリット

  • ズームできない
    ズームできるように見えるのはデジタルズームと言いただ拡大しているだけ。もちろん拡大すると鮮明さに欠ける。
  • ノイズ耐性がない
    ソフト面で頑張ってはいるもののセンサーサイズが小さく、高画素のため少し暗い室内になるとノイズが目立つ
  • 趣味にするには格好がつかない!!←これ大事
  • A4以上からノイズが気になりだすため、フォトブックなどの制作や大画面での閲覧が出来ない

まとめ

このサイトを見てくれているという事は少しでも写真に興味が合って趣味にしたいと考えているはず、そんな方にはやはり機能面でも格好良さでもミラーレスや一眼レフには劣る。

趣味で使うならミラーレスか一眼レフを使うべきだ。

サンプル画像(画像は大きいままです)
須磨パティオの機材
フィルターはクロームを使用
限界まで寄って少し手前をぼかした。コントラストが強いことも有り撮影対象の回りが白くつぶれている。全体的に繊細さに欠ける

ステーキ

普通に撮影した時点では室内で暗すぎたためGoogleフォトの自動補正使用
ボケ足りず(焦点がピタッと止まっていない)ため主役を強調しきれない。肉の断面が分かりやすいが繊細さに欠ける。全体的に彩度が高くなりすぎた。

ミラーレス一眼

メリット

  • マイクロフォーサーズという規格があり望遠に強い
  • ボディもかわいらしい物(olympus pen e-plシリーズなど)から一眼レフ(ルミックスGシリーズ)の様な形、フィルムカメラ(富士フィルムX-Tシリーズ)を彷彿させるものまである
  • レンズが交換できる
  • 液晶を見ながら撮るため恥ずかしさが少なく(もう慣れたけど人通りがあるところでファインダーを覗くのは恥ずかしかった)スマホと同じ感覚で撮れる
  • 一眼レフと比べるとコンパクトで軽い
    リュックにいれて自転車で淡路島三分の二周くらいした際にも携帯できた
  • スマホと比べると圧倒的画質
    私の一眼レフはレンズがあまり良いものないのでミラーレスの写真の方が綺麗

デメリット

  • ファインダーがないため野外での撮影がしにくい
    液晶が見にくい
  • 動態の撮影に弱い
  • 折角ミラーレスを買うならマイクロフォーサーズがおすすめだがその場合は広角が少し苦手になってしまう
今のカメラはWi-Fiが付いているため撮影した写真をすぐにスマホに外でも送れる。古いカメラでもWi-Fi内蔵SDカードを使うことですぐにスマホに送れる。

まとめ

ボディは安くレンズは評判良い単焦点という組み合わせで撮影した。初めてミラーレスを使ってもこの程度なら撮影できる。
大きさも少し大きいコンパクトデジタルカメラくらいで荷物にならない。
やはりスマホとは比べ物にならないほど綺麗でしかも簡単にボケ得ることが出来る。
サンプル画像
ミラーレス一眼で撮影した画像
すべて無編集でオートでの撮影
夜で尚且つ室内というクソみたいな環境でもF値の暴力(単焦点は安くても明るく鮮明)で撮影できる。マニュアルにしてシャッター速度をもう少し上げたら二枚目の写真ももう少し明るくとれていたかな。

撮影機材;Panasonic GF1 with 20mm/F1.7 ASPH. H-H020

オススメな組み合わせは
マイクロフォーサーズ機の何か+20mm/F1.7 ASPH. H-H020の組み合わせ。総額三万に行かないくらいでめっちゃ綺麗な写真が撮れる

一眼レフ

メリット

  • 圧倒的撮影のしやすさ
    しっかりホールドできる。また手振れ補正も強烈なため全然ぶれない
  • 野外で撮影しやすい
    ファインダーのおかげで野外で撮影しやすい
  • 見るからに本格的
    エントリーモデルでもカメラ知らない人から見ると「おっ!!」と思われる。個人的には型落ちの中級機以上がおすすめ
  • 高級機種や高級レンズが大量にあり、お金がある人からすると最高
  • 動態に強い
  • もちろんレンズ交換できる
  • カメラ業界の最先端技術が惜しげもなく投入されている
  • 圧倒的画質!!圧倒的ノイズ耐性!!
  • かっこいい!!

デメリット

  • 初めは人前で構えるのが恥ずかしい
  • 金がかかる
    サンプル画像で挙げるが「型落ちフラグシップ機一眼レフ 標準ズーム」と「格安ミラーレス 単焦点神レンズ」では後者のほうが画質は良い。
    そのためレンズもしっかり揃えないと満足できる画質にならない
撒き餌レンズと言われる単焦点は焦点距離50mmのためAPS-機では使いにくい、そのため少し高くても単焦点レンズを買う場合は焦点距離35mm付近の物を買うとよい
ミラーレスのマイクロフォーサーズは焦点距離20mmで大丈夫なので安心してね。詳しいことは「焦点距離 35mm換算」で調べると良い。
  • 重い!!でかい!!

まとめ

やはりカメラを本格的な趣味にするなら一眼レフでしょう!!ファインダーを覗くだけでテンションがマックスに(笑)
このカメラは五年前の物だ。しかもレンズは安物なのに曇り空の室内、まっくらな水族館の中、曇り空の野外で結構まともに撮影できる。

参考画像

一眼レフ撮影写真サンプル

友人の顔にはモザイクかかってますがご了承ください。
クラゲの写真は銀残しという加工を行っております。

おすすめ機種
コスパ重視 PENTAXのエントリー機+DA35mm
航空ショーや野鳥撮影(激しく動く動態) キャノンかニコンの型落ち中級機+便利ズーム or 望遠レンズ
PENTAXのエントリー機はキャノンやニコンの中級機並みの性能をもっている。しかし動態には少し弱い。(運動会程度なら流し撮りしても余裕)
PENTAXエントリー機は防塵防滴で視野率100%
運動会の流し撮り画像サンプル
流し撮りサンプル

買いたいけど結局どれがいいんだよ

機材をそろえればそろえるほど差は広がっていきますが、初めのうちは正直いうとミラーレスでも一眼レフどちらでも画質にそこまでの差はない。

一つ言えるのはオークションでボディを安く買って単焦点のレンズを付けると非常に満足できるという事。オークションでの注意するポイントは後日まとめるので暫しお待ちを。

  • ごつくなくて、持ち運びやすい!!(一眼レフより振動に強い)
  • レンズはあんまり揃えない(単焦点一本と便利ズームくらい)
  • 女子だしおしゃれでかわいいのがいい
  • スマホやコンパクトデジタルカメラよりいい画質で思い出を残したい
いずれかに当たてはまるならミラーレスがおすすめだ。
当てはまらずにカメラが趣味にしたいのであれば一眼レフを買うと幸せになれる。

写真は撮った分だけうまくなるので迷ったら中古でもいいので早く買ちゃいましょう。

以上 スマホ、ミラーレス、一眼レフを徹底比較!!あなたにオススメはどれ でした

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。