ラノベ初心者におすすめ!さくら荘のペットな彼女の感想やおすすめ理由

さくら荘 一巻と二巻 オタク活動

目次

とりあえず何処まで読んだらいい

 

この本は大賞応募作出ないため一巻では話をまとめ切っていません。一巻である程度話のまとまっている本を上げるとするなら、神様のメモ帳やSAO(ソードアートオンライン)、バカとテストと召喚獣などがおすすめですが、それはまたの機会に。

とりあえずこの本を一巻でつまらないと投げ捨てるのは辞めてください。絶対に損します

またアニメよりも小説という媒体だからこそ登場人物の内情が緻密に書き込まれており圧倒的に素晴らしいものに仕上がっているので、アニメで合わなかった人も二巻まで読んでください。新品でも1000円中古なら200円程度で買えるので。

あらすじと二巻までの登場人物紹介

水明芸術大学附属高校(水高、スイコー)の学生である神田空太は、高校1年の夏に学生寮で猫を飼っていたことが発覚して校長に呼び出され、猫を捨てるかさくら荘に移るかの選択を迫られた。大の猫好きで権威に逆らってみたかった空太は猫を取って寮を追い出され、悪名高い「さくら荘」へ移ることとなった。やがて春になり、スイコーに編入してきた世界的天才画家の椎名ましろがさくら荘へ入ってくるが、彼女の常識の無さに空太は振り回されていく。

Wikipediaよりhttps://ja.wikipedia.org/wiki/さくら荘のペットな彼女

これだけでは不十分なんで少し補足すると、さくら荘というのは、規律を守れない変人を集めた場所です。住居人は要約すると以下の様感じ

三年生の先輩 三鷹先輩は夜いろいろな女性(校外のお姉さん)の部屋に泊まっておりさくら荘で夜遭遇することは稀 凡人側

もう一人の三年生 上井草先輩は宇宙人と作中で表現されるレベルで自由奔放ながら、思春期の乙女の様な考えを持っている。時々空回りしてしまいそれが儚さをより際立たせる。アニメ制作において非凡な才能を持っており、ネットに投降したオリジナル動画(脚本は三鷹先輩)では出版社からのオファーでDVDを作を出版したところ、売り上げ10万枚越えの作品を作ったこともある。一人で動画、原画、演出、などの画面にかかわることをこなし、二巻以降でも複数の作品を作りヒットさせる。天才側

主人公の同級生 赤坂龍之介は日本で五本の指に入るプログラマー。自室に引きこもり二巻時点ではチャットにおける会話しかしていない。さくら荘にいる理由は自前のサーバーを稼働させるには寮では狭いからとのこと天才側

今作のヒロイン 椎名ましろは帰国子女だ。日本に来るまでは絵を描いていた、というか絵を描くこと以外はしていなかった。料理はもちろん洗濯や掃除、はたまた着替えの服を自分で選ぶことすら出来ない。絵画を描かせると絵画の練習をしてきたものの心をへし折るくらい圧倒的なものを書き出すが、何故か少女漫画を描きに日本へ 天才側

同級生の女子 青山七海は声優になるために芸大に来た。親の反対を押し切り養成所、学校、バイトとこなしていたが寮費を滞納してしまい、寮費の安いさくら荘に来ることになった。 凡人側

この本をおすすめる理由

文章力も大衆小説と同じレベルであり、その上でセリフを読めば話の内容が分かるように、わざと簡単に書いている。またアニメ化もしたことが有るため知名度があるからだ

それ以外の理由としては折角、文章というツールを使う以上戦闘物よりも内心を重視した作品を読んでアニメとラノベの表現方法の違いを感じてほしいからだ。

一巻、二巻の内容

一巻の内容

さくら荘のペットな彼女 一巻

細かく書いてしまうと楽しみがなくなるのでポイントを箇条書きすると

  • 青山七海以外の人物の軽い紹介
  • 主人公以外将来の目標を持っていることに焦る
  • 主人公が苛立ってさくら荘を出るといい自分と葛藤する

以上の三つが主な内容です。キャラが一人一人個性的なため一巻使った程度では全然説明しきれません。また一巻は物語の導入に使っているため、考えさせられる話は二巻以降からです。

二巻の内容

さくら荘のペットな彼女 二巻

  • 青山七海がさくら荘の一因となるも養成所の中間発表で一波乱
  • 椎名ましろが新人賞の選考から外れる
  • 主人公がゲーム作ろうぜという、素人が自ら考えたゲーム企画を主催会社でプレゼンをする企画に出場する。

二巻は一巻で詰めれなかった内容を爆発させるかのように三つも見どころがあり、非常に見ごたえがある。

中学生時代に読んだ本だが、この本を読んでから座右の銘が変わってりゅうおうのおしごとで更に強固になった。人生観を変えた一冊で万人におすすめ出来る作品です。

まとめと個人的所感

一巻と二巻のまとめを見てもらうとわかると思いますがよっぽどの鴨志田一さんファンでないと一巻を読んでラノベ最高!!とはならないと思います。二巻まで読んでもらえばさくら荘の魅力の1/3くらいは理解できる思います。七巻以降の新入生の話や少し前の卒業式の話は涙腺に来ます。

この本のコンセプトはいくつかありますが大きく二つに分けると

天才の孤独と全力でやるという事

二巻では全力でやることをフォーカスして書かれています。私自身の座右の銘は、全力じゃないと何事も楽しくない。なのですが全力でやることを恐れて逃げ回ってきた人間です。この本を読んだのは中学生時代だったのですが多感な時期にこの本と出合えたからこそ今の考え方があります。

一部の大人はライトノベルを敬遠しますが、大事なのは何の本を読んだかではなく、自らが何を考えたかです。もし夏目漱石の坊ちゃんをよんで古い言い回しだな。としか感じない人が、ドラえもんを見て、素粒子物理学に興味をもって自分でいろいろと調べ考えたとすると、この人はドラえもんからは今までの価値観を変えるほどの価値を見出して、夏目漱石の坊ちゃんには何の価値も見出さなかったことになります。

これは、ライトノベルにも言えます。もちろん一部にはハーレムを書くためだけのラノベや主人公を無双させるためだけのラノベがありますが、それも読み手がどのように感じ考えたかによって価値は変わります。

とりあえず、ラノベに興味があるかた今まで敬遠してきた方。どれから読めばわからないという人はさくら荘のペットな彼女を二巻まで読んでみてください。

以上 ラノベ初心者におすすめ!さくら荘のペットな彼女の感想やおすすめ理由 でした

 

p.s.時間が出来たら、もっとラノベを布教するためにブログを書きたい。

タイトルとURLをコピーしました